学校紹介

校章マーク

学校紹介のページでは、学校長のあいさつや秦野養護学校の歴史を紹介しています。
校章は秦野養護学校の頭文字「H」と「Y」を組み合わせて羽ばたく鳥を表しています。子どもたちに「健康を回復して元気になって羽ばたいてほしい」との願いが込められています。

沿革


昭和24年6月1日 国立神奈川療養所内に東秦野小学校・東秦野中学校特殊学級設置
昭和33年10月1日 神奈川県立秦野養護学校設立
昭和34年6月15日 校舎完成
昭和36年8月15日 体育館完成
昭和40年7月14日 渡り廊下(校舎と病棟)完成
昭和40年12月16日 新校舎完成
昭和44年9月30日 創立10周年記念式典挙行
校歌制定
昭和46年3月1日 校地(8,927.76平米)大蔵省より取得
昭和47年4月27日 校地整備工事完成
昭和54年4月1日 養護学校義務制施行
国立療養所神奈川病院:現独立行政法人国立病院機構神奈川病院
(以下同じ)重症心身障害児病棟入院児に訪問教育開始
昭和62年11月13日 新校舎改築工事完成
昭和62年12月2日 新校舎に移転
昭和63年10月15日 創立30周年記念並びに新校舎落成式典挙行
平成2年4月1日 神奈川県盲・ろう・養護学校同和教育研究校として2年間の指定
平成8年4月1日 文部省「病気療養児に関する調査協力校」として2年間の指定
平成10年4月1日 神奈川リハビリテーション病院内訪問教育課程かもめ学級(C部門)を伊勢原養護学校より移管
平成11年4月1日 国立療養所神奈川病院重症心身障害児病棟入院児への訪問教育を一部通学形態に移行
平成12年4月1日 高等部(施設訪問教育<国立療養所神奈川病院重症心身障害児病棟入院児対象>)設置
平成13年4月1日 高等部(在宅)訪問教育設置
学校評議員を設置
平成15年3月18日 高等部(訪問教育課程)第1回卒業式挙行
平成16年4月1日 鉄道弘済会総合福祉センター弘済学園内訪問教育課程(D部門)を伊勢原養護学校より移管
平成21年10月24日 創立50周年記念式典挙行
平成22年4月1日 高等部(知的障害教育課程(E部門))設置

アクセス

<交通機関>
小田急小田原線 「秦野駅」北口から次の神奈川中央交通バスを利用してください。
神奈中バス4番乗り場 秦22・秦27系統のバスに乗車。
「国立病院機構神奈川病院」下車。(所要時間13分)